サイズ感がたまらない!「iPad mini」を即買いしちゃった理由をおしえます。

公開日:
最終更新日:2013年09月11日

サイズ感がたまらない!「iPad mini」を即買いしちゃった理由をおしえます。

「iPad mini」を買いました!

いつもなら「Nexsus7、Kindle Fire HDと比較して購入」っていうパターンだけど、iPad miniに関しては一目惚れの即購入なのです。

そこで、iPad miniが気になっている方に「iPad miniを即買いしちゃった理由」をご紹介。

iPad miniをいつ使うのか?

iPad miniをいつ使うのか?

正直、Macbook Air(11インチ)iPhone5を持っているので「いまさらiPadは不要だろうな〜」と思っていました。

普段、家でリラックスしている時って、

  • メールチェック
  • Web閲覧(ネットサーフィン、RSSチェック、Pocketに溜まった記事を読む、など)
  • 電子書籍(Kindle)を読む

大体これくらいの事しかしないです。

そうなると、Macbook Airではちょっと大げさだな〜と薄々感じていました。
というより、ソファーに寝っ転がってMacbook Airを操作できない!
そして、iPhone5では画面が小さすぎて辛い!

そんな時、この「iPad mini」の出番がやってきます。

サイズ感が生活にピッタリ

何と言っても「サイズ感」が素晴らしい!
7.9インチのサイズ、そして軽い!これが最高なんです。

今までは、ちょいと調べる場合にはiPhone5を使っていましたが、やっぱりiPhoneでは小さいですよね。
かといって、Macbook Airを開いて…っていう程ではない。

そんな時、iPad miniのサイズ感・手軽さが最適なんです。
「本やノートと同じような感覚で、手軽に持ち歩ける。」というのが魅力ですね。

とある技術書と比較してみる。
技術書と比較

もちろん、技術書よりも軽い・薄い!
この「軽さ・薄さ」って、結構ポイント高いです。

色の表現力!さすがアップル。

色の表現力!さすがApple

画面がきれい、というか「色」がきれいに表現されている。
これがApple製品のすごい所で、iPad miniも色の表現がいいです。

個人的には、もはやハードの性能ではなく、色をちゃんと再現できるか?がポイントです。
いくら高性能のハードを使っていても、色がきれいに「表現」できていないと ”何かよくない” と感じてしまいます。

アップル製品はデザイン系のユーザーが多いからか、色をどう見せるかについてのこだわりがあるのかな〜と感じます。

使ってみるとわかる「広い」画面

実際に使ってみると、「意外と広い」と感じます。
特にWebページの閲覧は、この画面の広さが嬉しいです。

そして、横の余白が狭いのがいい!
横の余白が狭い

やっぱりアップル製品のデザイン・質感がいい

やっぱりアップル製品のデザイン・質感がいい

アップル製品って、何よりも「質感」がいいな〜と思います。

パーツの仕上がりがよいというか、バリ(パーツの端にできるギザギザ)がないというか…。
何かしっかり磨きこまれている感じがするんですよね。

パーツの仕上げはかなり重要視してます。(町工場でモノづくりをしていた…)
だから目に付く場所はもちろん、「人の手に触れる」の観点で見ちゃいます。

とてもいい仕事をしていますね。この質感がたまりません。

まあ、Macbook Airでも感じることだけど「冷たい」ってのが弱点ですかね。。
アルミなので仕方ないですが…。

まとめ

Macbook Air(11インチ)、iPhone5、iPad miniは、生活の中で必然的に使い分けされました。

  • 仕事や本気の調べ物など、ガッツリ使う時はMacbook Air(外出時のノマドワークも含む)
  • 家の中でカジュアルにネット閲覧する時はiPad mini
  • 外出時とトイレの中はiPhone5(iPad miniを持ってトイレに行くとヨメに怪しまれます…)

iPad miniは、本を小脇に抱える感覚で、家の中で常に持ち歩くのにピッタリのサイズと重量感ですね。

2013.9.11 追記
「iOS 7」が18日にリリースされますね!
iPhone 4S、iPhone 5、iPad mini、第3世代以降のiPad、第5世代のiPod touchで無料でダウンロードできるので楽しみです。

しかも、これまで有料のアプリだったiWork(Keynote、Pages、Numbers)iMovieiPhotoがなんと無料でダウンロード可能になるみたいです。

みなさんも、是非お試しあれ。

  • 新着エントリー