WindowsからMacBookにスイッチ!最初に入れた5つのアプリは…

公開日:
最終更新日:2013年09月12日

WindowsからMacBookにスイッチ!最初に入れた5つのアプリとは?

Windowsを使い続けて20年。
思えば「Windows3.1」の頃からWinひと筋のパソコンライフでした。

そんな私が、MacBoook Air(mid2012)11インチを購入し、最初にインストールしたアプリとは?

Reeder

いろんなブログを見ると、必ずと言っていいほど「おすすめアプリ」にランクインするRSSリーダー。
確かに美しい。。
何か「あ〜、俺ってMacユーザーになったんだ。」と思わせてくれる一品です。

もちろん、使い勝手も機能もバッチリ。

追記:
2013.9.12現在、Reeder for Macはリリースされていないみたいです。(製作中?)
iPhone版はReeder2というのが出てますね。

Reeder 2

450円
(2013.09.12時点)
posted with ポチレバ

Google日本語入力

「せっかくMacにしたんだから”ことえり”だぜ!」
そう思って、最初は「ことえり」を使っていたけど、結局イマイチ。。

って事でGoogle日本語入力にしています。とても重宝しています。

AppCleaner

Windows使いにとって、結構戸惑うのがアプリのインストール。
そして、さらに戸惑うのがアンインストールの方法。
Macって、単にゴミ箱に捨てればアンインストールするって話だけど、Windowsの「プログラムの追加と削除」にすっかり慣れているので「ゴミが残ってんじゃないの?」と何か気持ち悪いし不安なのです。

そんな時に見つけたのが、このアプリ。
アプリ本体だけじゃなく、関連ファイルもまとめて削除してくれる。

Coda2

Mac用のWeb制作ツール。
今まではEclipseを使っていたんだけど、せっかくMacにしたから「Macっぽいオーサリングツールを使ってみたい!」
と思って、導入してみた。

シンプルかつ高機能。かなり使いやすくて、おすすめです。
Dreamweaverを使っていたが、Coda2を使い始めてからはこれ一択になった。

Coda 2

6,500円
(2013.09.02時点)
posted with ポチレバ

Sophos Anti-Virus

アンチウイルスソフト。これはWindowsユーザーは必ず気にする所です。

「Macはウイルス大丈夫」って話はよく聞くけど、やっぱりアンチウイルスが入ってないと落ち着かない!
という事で「無料で軽い」と評判のSophos Anti-Virusを導入。

ハッキリ言って、入れてるだけで安心感が違う!?

追記(2013/9/2):
仕事で使うPCなので有料アプリ(ESET)を導入しました。

あとがき

Macの環境設定をする時もそうだったけど、アプリ選びに関してもWindowsの感覚が全く抜けない!
「Windowsではこうだけど、Macではどうなんだ?」という入り口から入ってしまいますねー。

そんな方って、結構多いのでは?

  • 新着エントリー