購入者が教えます。MacBook Air 11インチと13インチのどっちを買うべき?

公開日:
最終更新日:2017年03月05日

macbook-air-11or13

いよいよMacBook Air(Mid2012)をポチるぜぃ!
11インチでノマドなスタイルだぜぇ!!

と思ったのもつかの間、いや、まてよ…

いざ買うって時に「はて、13インチの方がよかったりするのか?」と余計な事を考えてしまったのだ!

考えれば考えるほど悩ましい、MacBookの11インチと13インチ。
もしかすると、同じ事で悩んでいる人ってかなり多いのかもしれません。

11インチと13インチの違いは?

主なところは、こんな感じになっている。

【重さ】
11インチ:1.08kg
13インチ:1.35kg

【サイズ】
11インチ:30cm(幅)、19.2(奥行き)
13インチ:32.5cm(幅)、12.7(奥行き)

【解像度】
11インチ:1,366 x 768ピクセル(標準)
13インチ:1,440 x 900ピクセル(標準)

【バッテリー駆動時間】
11インチ:5時間
13インチ:7時間

【その他】
11インチ:SDスロット無し
13インチ:SDスロット有り

うーん、スペックを見ると「やっぱ13インチ最強!」って気がしてならないっす。。

何に使うかをもう一度考えてみよう

さて、ここでもう一度「何でAirが必要なんだい?」って所を冷静に考えよう。

母艦PCが別にあるか?

いえ、ありませーん。
そうなんです、母艦があれば11インチで即決なんですが、悲しい事に母艦PCが無い。。
なのでAirがメインPCとなると、解像度が高くて、SDカードスロットもある13インチだよねー。

持ち運びはするか?

はい、持ち運びます。というか持ち運んでノマドしたいっす!
13インチでも、がんばれば持ち運べるのでは?と思って、実物も見に行ったが「やっぱり13インチはデカッ!重っ!」というのが正直な感想。

常に大きめのバックを持ち歩いている人なら、まあOKかなーって感じ。
しかし、私はあまり荷物を持たないので、やっぱり大きいのはきつい。。

重量はたった270gしか違わないが、そこがボディーブローのように効いてくるはず。
大きさも、パッと見で13インチでかいなーとわかるくらい違うし。

Web開発、アプリ開発ができるか?

そう!プログラミングとかWeb製作とかデザインができるか?ってのが一番問題なんです。
Web閲覧やメールなら、11インチでも問題ないのです。悩む必要無いんです!

重要なのは、

  • Eclipseでの開発ができるか?
  • WordPressでのブログ記事更新がしやすいか?
  • メーラーからブラウザから開発環境まで、アプリを大量に開いていても狭くないか?

これらがイマイチだと「やってもうたー!」ってなります。

正直なところ、13インチに越したことは無いです。
横幅はもちろん、縦の幅が11インチはちょっと狭い!

スパゲッティコードが自慢の私としては、縦が狭いと余計に麺が絡まる可能性が、、、。
ブログ等で画像の加工をする時も、やっぱり作業領域は広い方がいいです。

どれだけ持ち運ぶ?

バッテリーの持ちが、5時間(11インチ)と7時間(13インチ)。
この2時間って結構な違いだと思います。

まあ、電源のあるところでノマドすればって事かもしれないけど、やっぱりバッテリーは持つ方がいい。
特にガンガン外で作業するって場合は、13インチの方が絶対安心なはず。

そして今夜、ポチったぜぃ

色々と調べて、いろんな人たちのブログやレビューを読むと「やっぱ13インチ買うべし!」って意見が多い様な気がします。
特にバリバリ使うハードなユーザーは、やっぱり13インチの解像度が必要なんですね。

私も、「Webデザインやアプリ開発する」「母艦が無い」「何だかんだそんな毎日はモバイルしないっしょ」
って事を考えると、13インチだな!と思います。

という事で、これらの調査結果をもとに、絶対権限を持つヨメに報告を、、

「13インチは無いなー。デカい。」

…はい、11インチに決定!!

↓Amazonで買う場合は、型番をしっかり確認しないと間違えちゃうかも。

[追記] ↓2013年の最新モデルが出た!バッテリーがさらに長持ちか〜、欲しい。。

  • 新着エントリー