スマホ用のおすすめ防水ケースをレビュー。お風呂でリラックスできるおすすめアイテム!

公開日:

dicapack

スマートフォンをお風呂で使いたい!YouTubeを見ながらノンビリお風呂でリラックスしたい!

そんな、セレブで貴族な雰囲気が楽しめるアイテム「スマートフォン用の防水ケース」を購入しました。防水ケースは色々な種類があって、値段もピンキリです。

「一体どれを買ったらいいの?!」と悩んでいる方向けにレビューします。

「風呂で使える、音が聞こえる、操作ができる」が必須の条件

値段、機能、性能など色々あるけれど、必須の条件としては以下の3点で商品を絞り込みました。

  • 風呂で使っても大丈夫な防水性能
  • ケースに入れてても、音が聞こえる
  • ケースに入れてても、操作ができる

風呂で使っても大丈夫な防水性能

防水に関しては「風呂でもOK」のレベルが必須です。

「生活防水」と「完全防水」の違いとは

単に”防水です!”といっても「多少の水がかかっても大丈夫」というレベルと「水没させても大丈夫」というレベルでは大きな違いがあります。電化製品や時計などでは「生活防水」「完全防水」という表記をすることが多いです。

今回は「お風呂で使いたい」という用途なので、万が一も考慮して「完全防水(水没させても大丈夫)」のレベルで商品を探しました。

ケースに入れてても、音が聞こえる

YouTubeを見たい!と考えると、音がちゃんと聞こえないと意味がないです。何となく防水ケースに入れると音が聞こえなくなるの?と心配になるので「ちゃんと音が聞こえる防水ケース」が、大きな選択基準になります。

ケースに入れてても、操作ができる

操作ができないやつあるの?!と思いましたが、安い商品だと「ちょっと頑固なZiploc」みたいなコンセプトの商品もあるので要注意です。

機能をよくみると「操作はできません」と書いてあるので、よく読んだほうがいいですね。

防水レベルを表す「IPX」とは

防水の商品説明を見ると「IPX(IPX8, IPX6など)」という表記が必ず登場します。これはJIS規格で定められている防水のレベルのこと。数字が防水のレベルを表していて、「0(無し)〜 8(水中OK)」の段階まであります。”IPX8″であれば「防水レベル8」みたいなイメージです。

「IPX1~IPX4が生活防水」「IPX5~IPX8が完全防水」というのが“一般的な目安”です。メーカーによって表記がマチマチらしく、あくまで目安と考えましょう。

ちなみにIPXの”X”は「防塵レベル」を表し、Xは「防塵テストはしていない」という意味になります。IPX8であれば「防水レベルは8だけど、防塵についてはわからんよ」ということみたいです。

防水レベル 種類 内容
IPX8 水中形 継続的に水没しても内部に浸水しない
IPX7 防浸形 一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない
IPX6 耐水形 あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない
IPX5 防噴流形 あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない
IPX4 防沫形 あらゆる方向からの飛沫による有害な影響がない
IPX3 防雨形 鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない
IPX2 防滴II形 鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない
IPX1 防滴I形 鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない
IPX0 無保護 特に保護されていない

安くて満足性能な「DiCAPac(ディカパック)」に決定!

色々と調べた結果、「風呂で使える、音が聞こえる、操作ができる」の要望を満たし、かつ安い「DiCAPacα 防水パック WP-i10」を購入しました。

DiCAPacα WP-i10を使ってみた感想

防水はどうなの?
安い商品なのでちょっと不安でしたが、ちゃんと防水しています。風呂で使う分には全然問題無いです。がっつりスキューバダイビングはしないので。

チャックとマジックテープでガッツリガードします↓
DiCAPacの使い方

音は聞こえるの?
ケースに入れていていもちゃんと聞こえる!
さすがに風呂場なので、音が反響してちょっと聞こえにくいけど、音がこもるとか小さすぎるってのは全然なし。

操作はできるの?
ちゃんとできました。ちょっと操作しにくい(強く押す必要がある)点は仕方ないですね。基本は動画見たり音楽を聴いたりするだけなので、問題なしです。

LINEとかメールをお風呂でビシバシ打ちまくりたい!という場合は、ちょっとストレスになるかもしれません。

カメラ用の窓もある↓
DiCAPac カメラ用に透明になっている所

不安な点
「耐久性」はちょっと心配。そのうち破れるかも?という不安はあります。まあ、普段のお風呂で使う分には全然問題ないです。今のところ。⇒値段が安いから消耗品として割り切ってます。

あと、真夏に海やプールに持っていった場合、直射日光にどれだけ耐えられるのか?というのも気になります。⇒まあよく考えると、直射日光があたる所に置いておいたら、防水ケースうんぬん以前にiPhoneがどうにかなる!って感じですね。。。

まとめ

防水ケースって「本当に使うのかな…」と思ってイマイチ買う気にならないアイテムでしたが、買ってみたら「もっと早く使ってればよかった!」と思いました。

性能も満足できるし、安い!ってのが嬉しいですね。冬の時期はお風呂で使えて、夏は海やプールで使えるので、持っていて損はないと思いますよ。

  • 新着エントリー